おっちょこちょいな風俗嬢だった。

何をするにもドタバタしていて、おっちょこちょいな風俗嬢が先日の相手でした。とにかく焦っている感じで、僕のアソコを抜こうと必死になっている感じです。しかし、必至になっているからこそ、おっちょこちょいが発動してしまうんですよね。プレイに関しても、気持ち良いのは気持ち良いのですが、彼女がいつおっちょこちょいを発動するかわからないので、気が気じゃないって感じでした。もちろんプレイは楽しませてもらったんですけど、こちらまで落ち着かなくなってしまいましたよ。風俗嬢って、こちらがリラックスして楽しめるようにしてくれないといけないですね。そうしないとあまり満足できないと思います。みなさんも風俗を使う時は、たっぷりと時間に余裕を持って、優雅に過ごせるようにしてみてください。焦って使うと、あまり良いこともないと思います。これは僕の持論ですが、おっちょこちょいって、ただ焦っているだけの様な気もします。まずは落ち着きましょう。

風俗嬢は地味可愛い女の子だった。

風俗嬢って言ったらキラキラした存在って感じですよね。キャバ嬢と並んで、夜の蝶という感じがして、まさに男性の欲求を満たしてくれる最高の女性です。しかし、先日使った風俗嬢は、地味な女の子でした。見た目は何処にでもいるような子という感じで、髪型とかも垢抜けていないような子。しかし、その子を良く見てみると可愛いのです。地味なんだけど、可愛いという特性の持ち主で、めちゃくちゃ惹きこまれました。彼女の魅力については、正直何が良いってのはわかりません。とにかく可愛いんです。それ以外の言葉はきっと出てこないと思います。可愛くて、清楚で、地味だけど優しい。そんな性格の良い子でもあったから、僕は最高に楽しむことができました。彼女とのプレイをもっともっと楽しんでみたい。そして、彼女がもっと過激な夜の蝶になるのを見てみたい。今はそんな風に思っています。あの風俗嬢は、一度使ったらハマってしまう人が多いだろうなぁと思いますよ。